外資系の求人応募条件

外資系求人が求める英語力

外資系の求人で求められるもの

外資系企業は給料が日本企業より高く、実力があればどんどん出世できるイメージがあります。しかし、求人が出ていてもなかなか応募に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。その原因として、英語力があります。外資系の企業では、社内に外国人がたくさんいますし、海外とのやり取りも多くなります。求人票にもTOEICスコアの最低基準が記載されている場合がほとんどです。ただし、実際に外国人とビジネスをする際には、単純な英語能力よりも自分の意見がはっきり言えることや円滑にコミュニケーションが取れることが大切と言えます。

外資系企業就職に必須の英語力

外資系企業は日本企業にはない魅力を持っています。年功序列制度が無く、能力主義が採用されています。そのため、若くても成果を出す事でドンドン出世していけますし、女性でも管理職や幹部職に就く事が容易です。また外資系企業は旧態依然とした労働基準がなく、しっかりと有給が申請可能だったり、給与未払いやパワハラやセクハラとは無縁だったりと、非常に社員を大事にする風土があります。ただし、求人応募には条件が設けられています。英語力を示す資格やキャリアが無いと求人応募の段階で落ちてしまう恐れが高いです。英語検定の資格や留学経験、英会話スクールに通っていた実績などは必ず応募段階でアピールしなければいけません。

↑PAGE TOP